カテゴリー別アーカイブ: 任意売却について

任意売却大阪

大阪もめっきり寒くなり、本格的な冬の到来ですね。

皆さん、風邪など体調を崩さないようにくれぐれもお気をつけ下さい。

私は外から帰ったときの手洗いとうがいを常々心がけ、体調管理してます。

任意売却のご相談でよくあるのが、任意売却後も住み続けたいという相談者様のご要望です。

子供に任意売却で買い取らせることは出来ますか?という内容が多いですね。

全額返済でない任意売却の場合、債権者金融機関は親子間の売買に応じてくれるケースはほぼ無いと言っていいのではないでしょうか。

また、お子様が住宅ローンを組んで買取りたいというご要望も多くありますが、都市銀行や地方銀行で親子など親族間売買で住宅ローンを組んでくれる可能性は非常に低いです。

しかし弊社社では、親子間であっても住宅ローンを組んでいただける金融機関の紹介をさせていただいております。

どの様な場合でも是非一度ご相談頂きたいと思います。

諦める前に是非専門家にご相談されることをお勧めします。

 

 

任意売却手続きの時間的な限界について

大阪で任意売却のお仕事をさせていただいております。株式会社モデストコーポレーションでございます。本日は、任意売却手続きを実施するにあたっての時間的な限界についてお話をさせていただきたく思います。

任意売却をご希望される場合は、なるべくお早目に弊社のような専門の会社にご相談をされることが理想的ではあるのですが、マイホームを手放さなくて名ならなくなるかもしれないという任意売却の性質上、なかながご相談に来ていただく決断をすることができず、結果的に、期限の利益を喪失されてから、あるいは競売開始の決定があってからのご相談となってしまうケースもあります。
a1180_006714

ここで問題となるのが、どこまで競売の手続きが進んでしまったら、任意売却の手続きが取れなくなってしまうのかということです。
この問いに対する答えは、確定的に一つに決まるものではなく、銀行などの債権者の考えや動きにもよるのですが、基本的には落札者が決定してしまうと、もうどうすることもできずに、競売の手続きを待つしかなくなるケースが多いです。
逆にいうと、競売開始の決定が下された後でも、落札者が決定してしまう前に、債権者に競売の申し立てを取り下げてもらえれば、任意売却手続きを進めることが可能です。

ただ、競売が始まってしまってから、銀行などの債権者と任意売却の専門会社が交渉に入りますので、開札の日までに、銀行との交渉が整わず、競売の申し立てを取り下げていただけなかった場合は、任意売却での手続きを進めることはできません。

その意味で、なるべく早く弊社のような任意売却専門会社にご相談をいただければ、じっくりと債権者との交渉も可能となるので、いろいろな選択肢を持ちながらご相談者様に少しでも有利な方法での解決を模索することができるというわけです。
N695_rainbowbirijjitoaozora500

大阪でのご相談者様の事案で、実際にあったことですが、せっかくご相談はいただいたのですが、すでに落札者が決定してしまっているということもありました。
あと少し、早くにご相談に来ていただけていたら、ご相談者様のご負担も軽減できたというように非常に悔しい思いをした事案でした。

これから大阪にて任意売却を検討されているご相談者様におかれましては、そのようなことがないように、ご相談については完全に無料となっておりますので、お気軽に弊社までご相談いただければ幸いでございます。

任意売却大阪

よくあるご相談

任意売却のご相談でよくあるのが、住宅ローン返済のリスケジュール・返済猶予の

期間が終了した、あるいは間もなく終了し、その後は元の返済条件に戻る。

リスケジュール・返済猶予期間の延長や、新たなリスケジュールを申し入れても

断られたという内容です。

ほとんどの方が、リスケジュールや返済猶予の相談をしたときと、今現在の収入に

変化(増加)は無く、返済条件が元に戻ると当然返済できない状況に戻るというもの!

景気低迷が続き、経済が停滞している状況なので、給与などの所得が増加した人は

中には居るでしょうが、ごくごく一部の方に限られ、変化が無い方はまだましな方で、

返済猶予の相談をされた時よりも更に収入が減っているという方も結構いらっしゃる

ようです!当然家計支出は可能な限り抑え、奥様もパート等で家計を助ける努力を

されているにもかかわらずです!

その様な状況は金融機関も重々承知しているのですが、対応は大変冷ややかです。

約束の期間が満了したので・・・・・・・ということで取合って頂けないのが現実です。

最終的にはご相談に来られた方も任意売却による解決を決断されるケースがほとんどです。

借りたものは返す、当たり前の話ですが、現在の国内景気を勘案したうえでもう少し

一般消費者の経済状況も考えた柔軟な対策を国として講じることは出来ないのですかね?

 

任意売却大阪

弊社でお手伝いした任意売却案件

今回のご相談者は、リストラによる収入減により、住宅ローン返済が出来なくなったケースでした。

この方は、リストラされたあと、派遣登録により比較的早い時期に次の仕事に就くことが出来ました。

しかし給与は以前の3分の2を切る額に減ってしまい、どうやり繰りしても返済は出来ない。

どうすれば良いか、ご自身で思い悩みながらも金融機関や市税事務所、管理組合などから

送られてくる督促や通知は怖くて開封も出来ず、時間だけが経過して行きました。

今回、銀行から「保証会社からの代位弁済を受け、保証会社は競売の申立てをする」という連絡

があり、慌ててご相談に来られました。(弊社によくあるご相談のケースです)

お会いして詳しくお話を聞くと、住宅ローンの滞納は既に6ヶ月を超え、市税と管理費については

更に長期間の滞納状態。

また、銀行・市税・管理組合の滞納督促については一切対応せず放置されていました。

既に競売申立て手続きも進んでおり、残された時間の少ない中、各債権者との交渉を続け、

何とか取り纏めることに成功、無事に任意売却を完了し、今のお勤めに先に便利なところへ

引越をされ、新生活をスタートされました。

お客様からは、もっと早くに相談すれば良かった!でも、本当にありがとうございました。

という感謝のお言葉を頂けました。

他にもこの方と同じような状況になってる方がたくさんいらっしゃるのではと思います。

決して諦めずに、先ずはご相談されることをお勧めします。きっと道は開けます!

任意売却大阪

兵庫県からご相談頂いてた任意売却が無事に完了しました。

兵庫県の区分所有マンションの任意売却相談を受け、お手伝いしていた案件ですが、

先日、任意売却の決済が無事終わり、解決することが出来ました。

売却後のお引越先は弊社がご紹介させて頂いた賃貸業者さんの紹介でご希望に沿った

物件があり、決済当日にはお引越も終わられており、お客様には大変喜んで頂けました。

このお客様は、リセットして人生の再出発をするという非常に前向きなお考えで任意売却を

ご決断され、決済が完了した時に、

「任意売却サポーターさんの説明とアドバイスがあったから任意売却を決断できた」

「決断できたことで、リセットしての新たな生活を始めるという前向きな考え方ができた」

と、私にとって非常にうれしいお言葉をいただき、お手伝いできたことを実感しました!

これからも、一人でも多くの方から

「任意売却を決断して良かった」

「貴方(貴社)に相談して良かった」

と言って頂けるよう、精一杯お手伝いさせて頂きます。 感謝