任意売却手続きの時間的な限界について

大阪で任意売却のお仕事をさせていただいております。株式会社モデストコーポレーションでございます。本日は、任意売却手続きを実施するにあたっての時間的な限界についてお話をさせていただきたく思います。

任意売却をご希望される場合は、なるべくお早目に弊社のような専門の会社にご相談をされることが理想的ではあるのですが、マイホームを手放さなくて名ならなくなるかもしれないという任意売却の性質上、なかながご相談に来ていただく決断をすることができず、結果的に、期限の利益を喪失されてから、あるいは競売開始の決定があってからのご相談となってしまうケースもあります。
a1180_006714

ここで問題となるのが、どこまで競売の手続きが進んでしまったら、任意売却の手続きが取れなくなってしまうのかということです。
この問いに対する答えは、確定的に一つに決まるものではなく、銀行などの債権者の考えや動きにもよるのですが、基本的には落札者が決定してしまうと、もうどうすることもできずに、競売の手続きを待つしかなくなるケースが多いです。
逆にいうと、競売開始の決定が下された後でも、落札者が決定してしまう前に、債権者に競売の申し立てを取り下げてもらえれば、任意売却手続きを進めることが可能です。

ただ、競売が始まってしまってから、銀行などの債権者と任意売却の専門会社が交渉に入りますので、開札の日までに、銀行との交渉が整わず、競売の申し立てを取り下げていただけなかった場合は、任意売却での手続きを進めることはできません。

その意味で、なるべく早く弊社のような任意売却専門会社にご相談をいただければ、じっくりと債権者との交渉も可能となるので、いろいろな選択肢を持ちながらご相談者様に少しでも有利な方法での解決を模索することができるというわけです。
N695_rainbowbirijjitoaozora500

大阪でのご相談者様の事案で、実際にあったことですが、せっかくご相談はいただいたのですが、すでに落札者が決定してしまっているということもありました。
あと少し、早くにご相談に来ていただけていたら、ご相談者様のご負担も軽減できたというように非常に悔しい思いをした事案でした。

これから大阪にて任意売却を検討されているご相談者様におかれましては、そのようなことがないように、ご相談については完全に無料となっておりますので、お気軽に弊社までご相談いただければ幸いでございます。